• スタッフ紹介
  • コンセプト
  • アクセス
  • 院内紹介

治療の流れ

保険治療で請求

  1. 1.初診

    まずは歯や歯茎、顎の骨の状態を確認いたします。矯正治療の前に行う必要のある歯科治療を説明いたします。
    これらの治療によって歯のサイズが変化する可能性がある為、一番最初に行う必要があります。

  2. 2.矯正初回相談

    まずは患者様の気になる部分を詳しくお聞きします。ご自身の気になるところをお聞かせください。
    時間的には30分から1時間程度のカウンセリングとなります。

  3. 3.検査・診断(3DCT、歯型、顔写真、口腔内写真など)

    レントゲン写真、歯型、お顔・お口の写真により現状を診査します。
    なお頭部のレントゲンを含め当院ですべての検査を行います。検査結果を元に検査結果のご説明、そして今後の治療方針(基本的に非抜歯で矯正を行います。おおよその治療期間など)、実際に使用する装置の種類など細かくご説明いたします。また、矯正方法よっては、スキャナーを使用し、術後の変化を予測し、矯正後の歯並びをシミュレーターでご覧いただきます。患者様がご納得された上で、矯正治療が開始されます。

  4. 4.動的治療開始(装置を装着し実際に歯を動かす期間:2~3年)

    診断でご説明いたしました内容で実際に、装置を装着し矯正治療が開始されます。
    当医院では初診から治療開始までの期間をできるだけ短くし、早く治療が開始できるように心がけております。来院の頻度はそれぞれの治療方法により異なります。

  5. 5.終了時検査・保定機関(後戻りを防ぐ期間:3年)

    矯正治療におきましては必ず保定期間があります。
    きれいになったあとに後戻りしないための期間です。歯の表側・マウスピース型矯正治療とございますが、装置の種類に関わらず一定の期間は、保定観察する必要性があります。(基本的に保定期間中は取り外し式のマウスピースを使用し、後戻りを防ぎます)
    保定期間中は3~6か月間隔で来院していただき、予後を観察していきます。

見た目が気にならない矯正治療

歯並びの乱れが気になるのに矯正治療をためらわれる方がいらっしゃいます。その大きな要因が、矯正装置が目立ってしまうこと。矯正治療のもっとも一般的な方法である「メタルブラケット」による矯正治療では、ブラケットという金属の装置を使うため、見た目を気にして矯正治療に踏み出せないという方が多くいらっしゃるのです。

しかし最近ではさまざまな目立たない矯正装置が登場し、矯正治療をはじめられる方も増えています。東村山歯科・矯正歯科でも目立たない矯正装置を多数取り扱っていますので、歯並びの乱れが気になるという方は、お気軽にご相談ください。歯科用CTをはじめ、各種最新設備を活用し、精度の高い治療をご提供します。

当院の目立たない矯正装置

クリアブラケット

透明感のある素材でできたブラケットです。歯の色とも調和しやすいため、装置自体が目立つことがありません。また、欧米人と比較して歯や顎の小さい日本人のために国内で開発されたものであるため、無理なく矯正治療を行えます。

セラミックブラケット

歯の表面に装着するブラケットにセラミックを使用した装置です。クリアブラケットとの最大の違いは変色しないことです。自然の歯の色に近いセラミックを使うことで、金属のブラケットに比べて目立ちにくくなっています。金属を使用していないため、金属アレルギーの方でも治療が可能です。治療期間は金属の装置を使用する場合と変わりませんが、費用は比較的高額となります。

アライナー(インビザライン)

アライナー(インビザライン)

透明に近いマウスピース型の矯正装置を装着して歯並びを綺麗にします。当院ではアライナー矯正で一番歴史と実績のあるインビザライン社のアライナーを用いてマウスピース矯正を行っています。一目見ただけでは分からないとても自然な口元で矯正治療を行えます。こちらを使った矯正治療を検討されている患者様にはシミュレーターを用いて矯正治療後の歯並びをお見せすることができます。お気軽にご相談ください。

美しい口元のヒミツ E-Lineについて

E-Lineとはアメリカの矯正歯科医であるDr.ロバート・リケッツによって発表されたもので、顔を横から見て鼻の先端とあごの先端を結んだラインのことです。一般的にこのEライン上、あるいは若干内側に唇が位置することが、理想的であるとされました。お鼻、上唇、下唇の相対的なバランスで評価します。
他にも何種類かの口元の分析はあるのですが、Eラインは一つの目安になります。矯正治療をして歯並びをきれいにしてあげることで時としてE-Lineが悪くなってしまうことがあります。このE-Lineは上下顎の前歯の位置、その角度によって変わってきます。

歯を抜かない矯正治療にこだわると時としてE-Lineより口唇が飛び出てしまい河童のような口元になったり口唇閉鎖不全と言って口が閉じにくくなることがあります。
私どもは機能的な歯並びを目指しながら、患者さんのご希望に合わせてE-Lineにもこだわる矯正治療を行いたいと考えております。

優しい力で歯を矯正する治療

矯正治療のもっとも一般的な方法である「メタルブラケット」では、ブラケットとワイヤーの間に摩擦が生じることで、お口に痛みを与えてしまうというデメリットがあります。矯正治療をしたいけれど、痛みが不安でためらわれていた方も多いのではないでしょうか?

東村山歯科・矯正歯科では、床矯正(しょうきょうせい)などの痛みの少ない矯正治療を採用しています。「痛みが不安」という方は、お気軽に当院へご相談ください。歯科用CTをはじめ各種最新設備を活用し、精度の高い治療を行います。

痛みの少ない矯正治療

成人矯正(永久歯列の矯正治療)の料金表

・検査(3DCT、歯型、顔写真、口腔内写真など)(他院で治療開始の場合など)
・診断(他院で治療開始の場合など)
¥110,000
動的治療開始(装置を装着し実際に歯を動かす期間:2~3年) 下記の料金-診断料(¥110,000)
※分割支払の相談可
唇側矯正治療(歯の表側の装置)基本施術料 ¥770,000
調整料 ¥5,500/月
インビザライン ¥990,000
インビザラインGo ¥440,000
インビジブルリテーナー
(再製作時)
¥11,000
ビベラ・リテーナー ¥22,000
便宜抜歯 1本
(薬代、消毒込)
¥11,000
部分矯正(MTM)
※応相談 動かす本数などによります。
¥220,000~¥770,000
※調整料 ¥5,500/月

※矯正治療とMFTを同時に受けられる方は、MFTの費用は掛かりません。
※税込み金額となります。

  • 診療予約
  • tel:0423060407
  • WEB予約は24時間受付中 診療予約