• スタッフ紹介
  • コンセプト
  • アクセス
  • 院内紹介

自分にぴったりの入れ歯をつくる

失った歯を補うためには、インプラントをはじめとしたさまざまな方法がありますが、その中でももっともポピュラーなものが入れ歯治療です。入れ歯には「ズレて痛い」「しっかり咬めない」といったよくないイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、自分のお口にフィットする入れ歯であれば、そのような問題は生じません。今の入れ歯に不満があるという方も「自分にぴったりの入れ歯をつくる」という考えで、一度当院へご相談ください。

入れ歯のメリット

素材にこだわらなければ保険が適用されますので、安価に作製できるのがメリット。自費診療の精巧な総入れ歯をお求めであっても、インプラント1本分程度の費用で作製することが可能です。

また、入れ歯は他の歯を削る必要も少なくすみ、ほとんどの場合で手術を必要としませんので、高齢者に気になる全身疾患との関係も心配ありません。さらに取り外し可能なため、適切な清掃や調整・修理も可能です。

当院では、患者様一人ひとりの口腔内環境に合った、精巧な入れ歯を作製しています。現在ご使用の入れ歯に違和感があるという場合や、もっと快適な入れ歯を探しているという場合は、まずはお気軽にご相談ください。

快適のためのコツがあります~入れ歯のお手入れについて~

丁寧なブラッシング

樹脂製の一般的な入れ歯は、よく磨いてお手入れをしましょう。歯磨き剤の使用は入れ歯が傷つく原因となりますのでできるだけ控え、優しく丁寧にブラッシングしてください。

最低でも1日1回はお手入れを

入れ歯も天然の歯と同じように、最低でも1日1回は必ずお手入れをしましょう。基本的には、食事の後、寝る前に水洗いをします。入れ歯用のブラシ、もしくは一般的な歯ブラシで丁寧に磨きます。

自分の歯も同じように磨く

入れ歯の素材には汚れが付着しやすいため、自分の歯もしっかり磨きましょう。入れ歯が触れている部分、金具がかかる部分は虫歯や歯周病になりやすいため、外した時には特によく磨く必要があります。

入れ歯洗浄剤の使用

入れ歯洗浄剤も入れ歯の清潔を保つために有効です。市販の洗浄剤は説明書・注意事項をよく読んでご使用ください。洗浄後は、薬剤がしっかり落ちるようにしっかり洗い流しましょう。

就寝時には入れ歯を外す

入れ歯を長持ちさせるために。就寝時には入れ歯をはずし、水を入れた容器で保管してください。

その他、入れ歯のお手入れ方法についてわからないことや心配なことがあれば、お気軽に当院までお問い合わせください。

当院の入れ歯治療

レジン床義歯

保険診療で作製できる一般的な入れ歯です。短い治療期間で安価に作製できます。また、他の歯を失ってしまった場合、追加やその他補修が比較的簡単にできます。ただし、歯ぐきにあたる「床」が厚いため、慣れるまでは違和感があることもあり、温度を感じにくいことや、汚れが付着しやすいことがデメリットです。

ノンクラスプデンチャー

金属のバネがない入れ歯です。スーパーポリアミドというナイロン系素材を改良したものを主原料とし、薄く、軽く、透明感や弾力があり、使い心地に定評があります。現在30ヶ国以上で普及している安全性と、美しさを兼ね備えた入れ歯です。金属バネがないことで、入れ歯を使っていることが周囲にわかりづらく、自然な見た目が手に入ります。

金属床義歯

床の部分が金属製の入れ歯です。レジン床に比べて薄く、精巧なものをつくることができます。入れ歯が薄くなることで違和感が少なくなり、会話も楽になります。一番の特長は、食べもの・飲みものの温度を感じやすいこと。一方、修理しにくいといったデメリットもあります。

マグネットデンチャー

磁石で固定する入れ歯です。歯の根が残っている場合、そこに磁石を入れ、磁石入りの入れ歯を装着。他の健康な歯にかかる負担が少なくなります。また、今まで他の入れ歯を使っていた場合でも移行しやすい、簡単に修理できるといったメリットがあります。

シリコンデンチャー

入れ歯の裏面を生体用シリコンで覆った入れ歯です。シリコンがクッションとなり、咬んだ時に歯ぐきにかかる力を分散します。入れ歯が硬くて痛みがある、咬みにくい、外れやすいといったお悩みをお持ちの方におすすめの新しいタイプの入れ歯です。

  • 東村山歯科・矯正歯科 院長 篠原亨太郎のブログ
  • ほそや歯科クリニック
  • もぎ矯正歯科医院
  • 矯正歯科治療の総合専門サイト 矯正歯科ネット
  • tel:0423060407
  • WEB予約は24時間受付中 診療予約