• スタッフ紹介
  • コンセプト
  • アクセス
  • 院内紹介

矯正は治療後が大切です

矯正治療は、歯並びを整えたらそれで終了、というものではありません。せっかく長い期間をかけて整った歯並びも、矯正装置を外して放っておくと、またもとの状態に戻ろうとしてしまうのです。そこで大切なのが、治療後に設ける歯並びを安定させるための期間(保定期間)。整った状態の歯並びを安定させるには、リテーナーという装置を一定期間装着する必要があるのです。

矯正治療がうまくいくかどうかは、この保定期間の過ごし方で決まるといっても過言ではありません。医師のアドバイスをしっかり聞いて、理想的な歯並びを実現してください。

矯正治療後に気をつけること

保定にしっかり取り組んでください

取り外し可能なタイプのリテーナーを使用している場合、決められた装着時間を守らず、せっかく整った歯並びをまた乱してしまう患者様がいらっしゃいます。「装置をつけるのが面倒」というお気持ちもわかりますが、あと一歩のところで治療を無駄に終わらせてしまっては元も子もありません。保定期間は医師の指示にしたがって、しっかりと歯並びの維持に取り組んでください。

保定期間中のチェックも大切です

リテーナーをきちんと装着していれば安心かといえば、そうではありません。どうしても歯がもとの位置に戻ろうとしたり、リテーナーが合わなくなってしまったりすることも考えられます。当院では念のため、月に1~2回、リテーナーや歯並びの検診を行っています。とても大切なチェックですので、面倒がらずにご来院ください。

保定が終わってもケアは怠らずに

保定期間も終了すれば、ようやく装置のいらない毎日のスタートです。でも、油断は禁物。決してお口のケアを怠ってよいというわけではありません。虫歯や歯周病になってはせっかくきれいに整えた歯も台無しですので、ご自宅のケアと歯科医院でのケアを併用しながら、健康的な口腔内環境を保ちましょう。

東村山歯科・矯正歯科の保定後のケア

【定期検診】

【定期検診】

虫歯や歯周病にかかっていないか、その原因はないかを、定期的にチェックします。また、歯並びの乱れの原因もチェックし、問題がある場合には早期に予防処置を行います。定期検診の間隔は患者様のお口の状態によって異なりますが、だいたい半年~1年に1度を目安にお考えください。

【PMTC】

専門家による専門器具を用いた歯のクリーニングです。ご自身では除去しきれない歯の表面の汚れや着色を、徹底的に研磨・清掃します。

【ブラッシング指導】

【ブラッシング指導】

お口の中の状況は人それぞれ。患者様の口腔内環境に合ったブラッシング方法を指導し、毎日のケア精度の向上を図ります。正しいブラッシングで、磨き残しのないケアを目指しましょう。

  • 東村山歯科・矯正歯科 院長 篠原亨太郎のブログ
  • ほそや歯科クリニック
  • もぎ矯正歯科医院
  • 矯正歯科治療の総合専門サイト 矯正歯科ネット
  • tel:0423060407
  • WEB予約は24時間受付中 診療予約